新登場「計測展オンライン・プラス」
New “Measurement and Control Show Online Plus“

English

Real plus online event.
We are launching a new service: Our hybrid exposition, "Measurement and Control Show Online Plus."

  • The Measurement and Control Show 2020 OSAKA will be launching its "Measurement and Control Show Online Plus" service. This hybrid exposition through our online plus real event will continue to send out information for roughly two months after the physical event closes. This marriage of the tangible feel of the real event and convenience of the online format offers audiences opportunities to gather an extensive range of in-depth information.
  • Event timetable(scheduled)
    Wed, Oct 21, 2020 thru Fri, Oct 23
    Fri, Nov 6, 2020 thru Sat, Jan 16, 2021

    *Service contents are subject to change. Please visit our official web site for the latest information.
  • Services offered (planned)
    "We would like to visit some of the seminars that we missed at the Measurement and Control Show.“
    On-demand seminars
    "We won't be able to actually visit the Measurement and Control Show but are looking for information on new products and technologies.“
    View demonstration videos
    "We will be purchasing or have plans to purchase a product and would like to have an efficient way to compare different products.“
    Download information documents
    "We are interested in a particular technology and would like to have an in-depth discussion about it.“
    Application form for discussing business

Details "Measurement and Control Show Online Plus." will be announced on this website.

For those who have pre-registered for the event, you will be notified of the latest news including on-demand seminars, so please register now.

リアル開催+オンライン。
ハイブリッド型展示会として新サービス「計測展オンライン・プラス」誕生。

  • 計測展2020 OSAKAは、「計測展オンライン・プラス」を開始します。リアル開催+オンラインによるハイブリッド型展示会として、会期後も約2か月にわたり情報発信を行います。リアルの肌触りとオンラインの利便性の融合で、広く深い情報収集の機会を皆様に提供いたします。
  • 会期(予定)
    2020年10月21日(水)~10月23日(金)
    2020年11月6日(金)~2021年1月16日(土)

    ※サービス内容を変更する場合があります。最新の情報は公式ウェブサイトでご確認ください。
  • 提供サービス(予定)
    「計測展で聞き逃したセミナーを聞きたい」
    オンデマンドセミナー
    「計測展は行けないが、新製品や技術情報を得たい」
    デモ動画視聴
    「製品購入や計画がある。効率的に比較検討したい」
    資料ダウンロード
    「気になる技術を見つけた。具体的な話がしたい」
    商談申込フォーム

「計測展オンライン・プラス」の詳細につきましては、改めて当ウエブサイトにてご案内予定です。

なお、事前登録いただいた方には、オンデマンドセミナー配信など新着コンテンツをいち早くお知らせしますので、今すぐこちらからご登録ください。


有望なシーズが集う産官学連携企画
An industry-government-academia collaboration project that brings together promising seeds

English

Trilogy has its sights set on the world.
Greatly expanded Industry-government-academia collaborative programs packed with the unique characters of Kansai and the Osaka area

We will be highlighting and evolving the appeal of Kansai and the Osaka area through the integration of industry, government, and academia, which has become a tradition and hallmark of the Measurement and Control Show. In particular, government agencies will be putting on exhibits on an unprecedented scale, featuring bureau chiefs giving keynote speeches and special lectures on government policies and their expectations for industry's push to move on to the next phase as they gear up for the economic restart. Visitors will also be treated to a special symposium sponsored by the Kansai branch of the Society of Automotive Engineers of Japan, as well as a first-time collaborative presentations and a variety of exhibits and conferences presented by the Japan Science and Technology Agency (JST), Osaka University, and organizations involved in robotics, startups who specialize in monodzukuri, etc.

三位一体で見据える舞台は世界。
関西・大阪らしさ満載の産官学連携企画を大幅に拡充

計測展の伝統と特徴である、産官学が一体化した関⻄・⼤阪の魅力をさらに際立たせて進化させます。特に、公的機関の出展は過去最⼤規模に。経済活動の再開に向け、次フェーズへと突き進む産業界への期待と政策について各局⻑による基調講演や特別講演のほか、⾃動⾞技術会関⻄⽀部による特別協賛シンポジウム、さらに、科学技術振興機構(JST)、⼤阪⼤学、ロボット関連団体、ものづくりに特化したスタートアップ企業などとの初コラボレーション。多彩な展示とカンファレンスにご期待ください。

動き出したSDGsビジネス――
パネルディスカッション「SDGs for Africa」

[日時] 10月23日(金)12:00~14:00  [会場]10階・1003会議室

貧困や飢餓の撲滅、再生可能エネルギーの普及、気候変動への対策―― 。
国連が定めた持続可能な開発目標を計測と制御技術の活用によって解決できなきいだろうか。日本の大学で教鞭をとるコンゴ出身の建築家Nsenda氏がアフリカが抱える社会的課題をプレゼンするとともに、産学官を代表するパネリストが議論を通じて社会貢献活動とビジネス併存の可能性について探ります。

アフリカをサポートすることが日本を救う。
豊富な資源と若いエネルギーが満ち溢れ、無限の可能性を秘めた大地その魅力・課題・可能性についてアフリカ出身者が語るパネルディスカッションです。予告編をご覧ください。

<モデレーター>
神戸情報大学院大学 教授
NSENDA LULUMWENA 氏(コンゴ民主共和国 出身)