セッション・セミナー一覧


Session & Seminar list

  • 全プログラム表示
  • 11月7日[水]
  • 11月8日[木]
  • 11月9日[金]

事前登録制セミナー(無料・先着順)

セッション・セミナーのお申し込みに際して

  • ※講演時間、講演者、講演内容などは都合により予告無く変更する場合があります。
  • ※満席になりましたら事前および当日申込受付を終了する場合があります。
    なお、空席がある場合は、当日の申込も可能ですので会場に直接お越しください。
    満席の場合は入場できない場合があります
  • ※当日受講の際、お名刺のご提出をいただく場合がございます。
    予めご準備の上、会場にお越しください。

基調講演・特別講演
Keynote & Special Conference

  • K-719
  • 2018/11/07 11:00-12:00
  • 10階・1009会議室
Connected Industries と関西での取組み
写真
  • 経済産業省 近畿経済産業局
  • 局長
  • 森 清 氏

機械、データ、技術、ヒト、組織など様々なものの繋がりによって新たな付加価値の創出や社会課題の解決を目指す「Connected Industries」を、ここ関西を中心に実現していくための具体的な方策や取組みについて紹介します。

Promotions of Connected Industries in Kansai
  • Kansai Bureau of Economy, Trade and Industry , METI
  • Director-General
  • Mr. Kiyoshi Mori

Introduction of concrete policies and actions to realize "Connected Industries", which contribute to create new added value and solve the social challenges through connecting machines, data, technologies, people and companies here in Kansai.

申込はこちら / Registration
  • K-729
  • 2018/11/07 12:30-14:15
  • 10階・1009会議室
産業保安のスマート化と先行事例のご紹介
写真
  • 経済産業省
  • 産業保安グループ 保安課 課長補佐(企画担当)
  • 山中 悠揮 氏

日本では、多くのプラントで高経年化が進み、ベテラン作業員が引退の時期を迎えつつあるなど、今後、重大事故のリスクが増大する恐れがあります。本講演では、こうした課題に対応するためIoT・ビッグデータ・AI等を活用し、自主保安力を高める産業保安のスマート化やスーパー認定事業所制度等の国の取り組みと先行的な事例について紹介します。

Smart Industrial Safety
  • Ministry of Economy, Trade and Industry
  • Deputy Director, Industrial Safety Division, Industrial and Product Safety Policy Group
  • Mr. Yuki Yamanaka

In Japan, most of facilities are deteriorated and veteran field workers are about to retire, therefore, the risk of serious accidents may increase in the future.
This lecture will introduce Japanese policy "Smart Industrial Safety" utilizing IoT, big-data and AI to sophisticate safety and security.


製油所向けプラットフォームの開発
写真
  • 石油エネルギー技術センター
  • 技術企画部 上席主任研究員
  • 秋本 淳 氏

IoTやAI等を活用した製油所設備の異常解析は、稼働信頼性を向上する新たな設備保安管理手法として注目を集めているが、技術の構築にはビッグデータが必要でありまた解析モデル開発に係る経済的負担も大きいのが現状です。そこで本報告では、解析モデルやビッグデータを共有する「製油所向けプラットフォーム」について紹介いたします。

Development of Standard Platform Model for Stable Refinery Operation
  • Japan Petroleum Energy Center
  • Chief Senior Resercher, Technology and Planneing Dept.
  • Mr. Jun Akimoto

The expectation is running high for methods of plant facilities maintenance while increasing their reliability by applying AI/IoT analysis. In order to spread new methods, we develop the standard platform model which enables the utilization of shared data and AI/IoT analysis between the companies.

申込はこちら / Registration
  • K-759
  • 2018/11/07 15:00-16:30
  • 10階・1009会議室
秤が支えるAI+IoT時代のビジネス革新とパナソニックの挑戦
写真
  • パナソニック
  • イノベーション戦略室 ソフトウェア戦略担当理事
  • 梶本 一夫 氏

AI+IoT時代では、デジタライゼーションによるビジネス革新があらゆる分野で起きています。その中で、デジタライゼーションは現実を正確に測りAIの知見で処理をすることで新しい価値を提供します。AI+IoTによるビジネス創造に挑戦しているパナソニックのビジョン、事例を紹介しながら、新たな時代像について説明します。

AI+IoT Business Model based on Measurement Solutions
  • Panasonic
  • Innovation Strategy Office
  • Mr. Kazuo Kajimoto

Business will be revolutionally changed by AI+IoT and it is called "Digitalization". Digitalization is based on measurement of real world. Measured world is processed by AI, then new value is added. Panasonic has challenged new business model. Panasonic's vision and approach will be revealed.

申込はこちら / Registration
  • K-939
  • 2018/11/09 13:00-14:30
  • 10階・1009会議室
超スマート社会Society 5.0実現に向けて
写真
  • 科学技術振興機構
  • プログラム戦略推進室
  • 山田 直史 氏

第5期科学技術基本計画において、Society5.0が日本の将来像として掲げられています。本講演ではSociety5.0の概要について述べ、その実現に向けた一つの提案として、JST-CRDSが作成した研究開発の俯瞰報告書に基づく研究開発方策と、実際のファンディング事業の取組みについて紹介します。

Towards realizing Society 5.0
  • Japan Science and Technology Agency
  • Office of Research Program Strategy
  • Mr. Yamada Naohumi

In the Fifth Science and Technology Basic Plan, Society 5.0 is cited as a future image of Japan. In this presentation, I’ll describe the outline of Society 5.0. And as one proposal for realization of Society 5.0, I’ll make presentation on R & D strategy based on the JST-CRDS report and several specific project conducted in JST programs.

申込はこちら / Registration

自動車技術会関西支部 特別協賛講演
Special Session presented by Society of Automotive Engineers of Japan, Inc Kansai branch

  • A-809
  • 2018/11/08 10:30-12:00
  • 10階・1009会議室
自動車電動化の動向と、三菱自動車におけるxEVの取組み
写真
  • 三菱自動車工業
  • EV・パワートレイン技術開発本部 EV制御開発部 部長
  • 戸塚 裕治 氏

ここ数年の間に、自動車を取り巻く環境は大きく変わり、今やその電動化は避けて通れない潮流となっています。この講演では、当社がこれまで世界に先駆けて取り組んできたxEV車の開発の歩みと電動化技術を紹介し、今後の将来展望と、その対応への開発時に必要な周辺環境についても触れます。

Trend of vehicle electrification, and xEV application by MMC
  • MITSUBISHI MOTORS
  • General Manage
    EV Control Engineering Department, EV・Powertrain Engineering Development Division
  • Mr. Yuji Tozuka

Recently, the environment for automobiles made the great changes, and their electrification is one of the enevitable tides.
In presentation, developing history and technologies of MMC xEV will be introduced, as well as the future trend and the peripheral circumstance expected for the development.

申込はこちら / Registration
  • A-839
  • 2018/11/08 13:00-14:30
  • 10階・1009会議室
リチウムイオン電池 現在・過去・未来
写真
  • 旭化成
  • 名誉フェロー 工学博士
    技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センター 理事長
  • 吉野 彰 氏

リチウムイオン電池は携帯電話やノートPCなどのIT機器の電源として広く用いられてきました。さらに電気自動車への応用が進んできており、新しい市場が創出されつつあります。このリチウムイオン電池の現在の状況と未来電池技術について述べます。また、リチウムイオン電池が生み出す未来の車社会についても解説します。

Lithium Ion Battery - Current, Past, and Future -
  • ASAHI KASEI
  • Honarary Fellow
  • Dr. Akira Yoshino

Lithium ion batteries have been widely used as power sources for mobile phones and notebook PCs. Further application to electric vehicles is progressing, and new markets are being created. I will talk about current situation of this lithium ion battery and future battery technology and the future car society.

申込はこちら / Registration
  • A-859
  • 2018/11/08 15:30-17:00
  • 10階・1009会議室
自律から協調へ:自動運転技術の今後の展開
写真
  • 同志社大学
  • モビリティ研究センター センター長
    教授
  • 佐藤 健哉 氏

車載センサを利用して周辺を認識する自律型自動運転は、見通せない範囲の危険事象を検知できないという問題があり、車々間・路車間通信を利用した情報共有の検討が行われています。ここでは、協調型自動運転のための情報通信技術に関して、国内外の取組みを紹介し、今後予想される展開や研究内容についても述べます。

Future Trends in Cooperative Automated Vehicle Technologies
  • Doshisha University
  • Mobility Research Center
    Professor
  • Dr. Kenya Sato

An automated vehicle with on-board sensors has the problem of unable to detect hazardous events in non-line-of sight. Sharing information using V2X communication technologies is an approach. We will introduce concrete technologies for cooperative automated vehicles and also describe future trends.

申込はこちら / Registration

テーマセッション
Theme Session

  • T-757
  • 2018/11/07 15:30-17:00
  • 10階・1007会議室
【エグゼクティブブリーフィング】
デジタル化が加速する製造業の変革とグローバル市場展望
写真
  • フロスト&サリバン
  • フロスト&サリバン オートメーション&IIoT インダストリーディレクター
  • マジュラマン・ラム・ラマサミー 氏

IIoTの進化に伴い、製造業は製品を販売する従来のモデルから、性能を売るモデルへの移行が進みます。同時に、製品開発を超えて、ビジネスモデルへの投資が今後ビジネス持続において重要となります。本講演では、デジタル化が製造業に及ぼす変革や新興ビジネスモデル、デジタルソリューションの事例をご紹介します。

* 企画協力:フロスト&サリバン
* 逐次通訳あり/招待制

[Executive Briefing]
Digital and its Impact on Global Manufacturing Markets
  • Frost & Sullivan
  • Industry Director, Automation and IIoT,Frost & Sullivan
  • Mr. Muthuraman "Ram" Ramasamy

As digitalization is transforming industrial sector, companies need to steer from selling products to selling performance and outcomes. With the emergence of IIoT, investing in product development will get you the bottom line benefits. Investing in business models and pricing model approaches will help enterprises achieve sustainable business.

* Planning cooperation:Frost & Sullivan
* Language: English / Invitation ONLY

  • T-938
  • 2018/11/09 13:00-17:00
  • 10階・1008会議室
【近畿総合通信局 特別連携企画】
実践に効く「IoT人財育成セミナー」

自社事業発展・改革に向けてIoT導入を検討中の方に近畿総合通信局主催のワンストップで導入ノウハウ習得を目指す「IoT人財育成セミナー」を開催します。展示・セミナー・IT団体との交流を通じて、過去にない新しいスタイルで“IoT導入・活用の全貌”を解りやすく解説します。

申込はこちら / Registration
  • T-959
  • 2018/11/09 15:30-17:00
  • 10階・1009会議室
【電子情報技術産業協会 特別連携企画】
AIが人々の豊かな生活を実現 〜SDGs・Society 5.0実現のためのAIの社会実装に向けて〜

JEITA技術戦略部会で作成した提言「人工知能の社会実装に向けて」にそった下記のキーワードを軸に、日本が目指すSDGs・Society 5.0実現のために理解すべきこと、取り組んでいくべきこと等を議論します。
・何のためのAIなのか
・AIは新しい道具
・社会実装に向けた課題
・国際協調
・人材育成

[Special Collaborative Seminar with JEITA]
Making our lives better with AI
〜Towards the Social Implementation of AI realizing SDGs・Society 5.0〜

Discussing what should be understood and addressed for realization of SDGs・Society 5.0 aimed at Japan, based on the following keywords along the recommendations " Toward the Social Implementation of Artificial Intelligence" made by JEITA Technical Strategy Committee,
・What is AI for?
・AI as a new tool
・Issues for Social Implementation
・International Cooperation
・Human Resource Development

*Special cooperation:JEITA


写真
  • 《モデレーター》
    東京大学
  • 名誉教授/特任教授
  • 荒川 泰彦 氏

  • [Moderator]
    The University of Tokyo
  • Professor Emeritus / Specially Appointed Professor
  • Mr. Yasuhiko Arakawa


写真
  • 《パネリスト》
    ソニー
  • 執行役員 
  • 島田啓一郎 氏

  • [Panelist]
    Sony
  • Senior Vice President  
  • Mr. Keiichiro Shimada


写真
  • 《パネリスト》
    渥美坂井法律事務所・外国法共同事業
  • パートナー弁護士
  • 三部 裕幸 氏

  • [Panelist]
    Atsumi & Sakai
  • Partner, Attorney-at-Law
  • Mr. Hiroyuki Sanbe


写真
  • 《パネリスト》
    デンソー
  • 常務役員
  • 隈部 肇 氏

  • [Panelist]
    DENSO
  • Executive Director
  • Mr. Hajime Kumabe


写真
  • 《パネリスト》
    アズビル
  • 技術開発本部 グループマネージャ
  • 田原 鉄也 氏

  • [Panelist]
    Azbil
  • Section Manager, Technology Development Headquaters
  • Mr. Tetsuya Tabaru

申込はこちら / Registration
  • S-818
  • 2018/11/08 11:00-12:00
  • 10階・1008会議室
プロセスオートメーション産業における“デジタル革命”
写真
  • FieldComm Group
  • プレジデント & CEO
  • Ted Masters 氏

PA産業の「デジタル革命」は、“つながるプラント”より生成される“ビッグピクチャ”を活用し、より安全・高度なプラント操業、環境変化に俊敏に適応する高効率企業運営と地球環境保全を実現します。FieldComm Groupでは、世界的ユーザ、メーカー、研究機関が協力しこのデジタル革命を促進する基盤技術開発・商業的普及を進めています。

“Digital Transformation in Process Automation Industry”
  • FieldComm Group
  • President & CEO
  • Mr. Ted Masters

The Industrial Internet of Things (IIoT)/Smart Manufacturing (SmT) is the basis for “Digital Transformation” creating new ways to solve challenging problems and realize the smarter manufacturing enterprise in PA Industry is utilizing big data generated by smart connected assets (the things) in plant for creating smarter manufacturing enterprise, more agile and productive, for adopting the rapid market demand changes, improving operational efficiency, performance and profitability with increased safety and cybersecurity function while reducing CO2 emissions impact. FieldComm Group is a global standards-based non-profit organization consisting of leading process end users, manufacturers, universities and research organizations and is working together to direct the development, incorporation and implementation of technologies for enabling “Digital Transformation” in PA industry.

申込はこちら / Registration
  • S-838
  • 2018/11/08 13:30-14:30
  • 10階・1008会議室
ここまで来た!予知保全・故障予測〜実例で学ぶAIの実践的活用〜
写真
  • MathWorks Japan
  • アプリケーションエンジニアリング部 アプリケーションエンジニア
  • 井上 道雄 氏

機器の状態に応じたメンテナンスの実現にはデータ収集や機械学習の活用法など、乗り越えるべき課題は少なくありません。現場の実例から、故障予測によく用いられる時系列データの特徴量、機械の残り寿命を予測する手法まで、実践的なテクニックをご紹介します。IoTシステムの構築方法やビッグデータ連携にも触れます。

Predictive Maintenance and Failure Prediction: Practical Application of Artificial Intelligence
  • MathWorks Japan
  • Application Engineering Dept. Application Engineer
  • Mr. Michio Inoue

申込はこちら / Registration
  • S-909
  • 2018/11/09 10:30-12:30
  • 10階・1009会議室
平成30年度省エネ診断・技術事例発表会
  • 省エネルギーセンター
  • 講演者調整中

中小企業等における省エネルギー対策の推進を図るため、経営者、エネルギー管理責任者や管理担当者等、幅広い方々を対象に、最新省エネ技術や省エネ診断をきっかけとして、省エネ効果をあげた事例、省エネ推進の着眼点や具体的な実施方法、また、支援サービス・助成策の活用等について情報提供いたします。

申込はこちら / Registration
  • S-918
  • 2018/11/09 11:00-12:00
  • 10階・1008会議室
ソフトウェアビジネスで強化できる装置メーカーの収益モデル
〜 グローバル競争を勝ち抜く「先端技術 X ソフトウェアビジネス」 〜
写真
  • ジェムアルト
  • ソフトウェアマネタイゼーション事業部 シニアプリセールスコンサルタント
  • 前田 利幸 氏

装置メーカーが、持続可能な収益を得るために力を入れているソフトウェアビジネス。先端技術の価値を最大化させるソフトウェアビジネスとは、何をどう行うべきでしょうか。世界中のソフトウェアビジネスを成功に導いたグローバル企業であるジェムアルトが、ソフトウェアによる収益化の事例と、装置メーカーに適した収益モデルを解説致します。

Monetization model for device vendors that can be enhanced by software business.
Advanced Technology x software business to be the winner in global market
  • Gemalto
  • Sr.Pre-Sales Consultant Software Monetization
  • Mr. Maeda Toshiyuki

A software business that equipment device vendors are emphasizing to earn sustainable profits.What is a software business that maximizes the value of advanced technology and what should be done? Gemalto, a global company that has succeeded in software business around the world, I will explain examples of monetization by software and revenue models suitable for device manufacturers.

申込はこちら / Registration

出展者セミナー
Exhibitors' seminar

  • E-724
  • 2018/11/07 12:20-12:40
  • 10階・1004会議室
ここが知りたい温度校正基本のき
  • チノー
  • 標準技術部 技術担当
  • 小林 正 氏

校正試験の結果を示す校正証明書ですが、一見難解に思われている不確かさやトレーサビリティーに関する疑問点について平易に解説するとともに、ユーザーファーストの原点に立ち返り、チノーが目指す校正サービスの方向性についてご説明いたします。

Towards user friendly calibration testing service
  • CHINO
  • Calibration Engineering Department
  • Mr. Tadashi Kobayashi

Returning to the starting point of users first, I am going to explain about the calibration service Chino is trying to achieve. I will also explain uncertainty and traceability that are mentioned on the calibration test certificate as the results of calibration test that look difficult at a glance, in a simple way.

申込はこちら / Registration
  • E-725
  • 2018/11/07 12:20-12:40
  • 10階・1005会議室
個人ばく露濃度計の活用について
  • 新コスモス電機
  • インダストリ営業本部 営業開発部 担当課長
  • 吉栄 康城 氏

化学物質のリスクアセスメントでは、定量的手法が望ましいが、全ての作業工程において作業環境測定等の精密測定を行うことは現実的でない。リアルタイム測定の個人ばく露濃度計を活用することで、精密測定の要否判断や、具体的な高リスク作業の特定が可能で、リスク回避対策の効果もその場で確認することができる。

Application of an individual exposure measurement apparatus
  • NEW COSMOS ELECTRIC
  • Manager,Sales Development Department, Industry Sales Division
  • Mr. Yasuki Yoshie

The quantitative management is required for the risk assessment of chemical substances in the working space. However, it is not realistic to quantitative analysis of the chemical substances by all work processes. So we developed the individual exposure measurement apparatus (XA-389) that can measure quantity of chemical amount in real time. XA-389 promotes a judgment of need or unneed of the quantitative analysis and useful for identification of the high risk work process. In addition, it can confirm the result of the risk reduction plan instantly, too.

申込はこちら / Registration
  • E-734
  • 2018/11/07 13:00-13:40
  • 10階・1004会議室
IIoT・AI・ビッグデータ活用による設備管理革新
  • 横河ソリューションサービス
  • ソリューションビジネス本部コンサルティングセンターコンサルティング3部1Gr2チーム
  • 有吉 猛 氏

日本の製造業の設備管理は、ベテラン保全員の技術や技能に依存している傾向があります。ベテラン保全員が勇退し人力に頼ることができなくなると、適正な設備管理ができなくなり、生産性が低下するという課題が表面化します。この課題の解決方法の一つとして、人の技術や技能に依存しない革新的な設備管理の仕組みを構築する必要があり、それを実現するキーワードがIIoT・ビッグデータが活用だと考えています。本セミナーでは、横河が考えるIIoT・ビッグデータを活用した設備管理業務の革新について説明します。

Innovation of Plant Asset Management by using IIoT and AI, bigdata
  • Yokogawa Solution Service
  • Solution Business Division Consulting Center Consulting Dept.3 Gr.1 Tm.2
  • Mr. Takeshi Ariyoshi

Japanese Plant Asset Management is depended on old experience engineer. If it is no countermeasure, productivity and product quality shall be decreased in Japanese manufacturing industries.To solve this situation, new innovation approach with a IIoT and Big Data technologies will be proposed.

申込はこちら / Registration
  • E-735
  • 2018/11/07 13:00-13:40
  • 10階・1005会議室
レーザ式ガス分析計の最新適用事例と新機能のご紹介
  • 富士電機
  • パワエレシステム事業本部 ファクトリーオートメーション事業部 計測機器企画部 計測機器企画課 課長補佐
  • 岡田 充泰 氏

本セミナーでは、レーザ式ガス分析計の測定原理、設置方法、注意点などの一般的な事項から、当社製品の適用分野など幅広く説明します。また当社は新機能を搭載したレーザ式ガス分析計を発売いたしましたので、最新モデルの追加機能、さらに広がる適応事例について紹介させて頂きます。

Latest Application & New Functions in Laser Gas Analyzer of Fuji Electric
  • Fuji Electric
  • Planning Sec. Instrumentation & Sensors Planning Dept. Factory Automation Division
    Power Electrionics Systems Business Group
  • Mr. Michiyasu Okada

We introduce you about Laser gas analyzer ,its measuring principal, installing method and general appllicaiton ,and also about new functions and spreading applications in the latest model, recently released by Fuji Electric.

申込はこちら / Registration
  • E-736
  • 2018/11/07 13:00-13:40
  • 10階・1006会議室
高電圧・大電流における周波数特性測定
  • エヌエフ回路設計ブロック

Measurement of frequency characteristics at high voltage and large current
  • NF Corporation

申込はこちら / Registration
  • E-744
  • 2018/11/07 14:00-14:40
  • 10階・1004会議室
AI・機械学習による設備異常予兆検出
  • 横河電機
  • IAプロダクト&サービス事業本部新分野開発センター フィールドデジタルイノベーション部
  • 小渕 恵一郎 氏

このセミナーでは、横河電機(株)が考えるAI・機械学習技術のプラントや工場への適用イメージについて説明したあと、AI・機械学習技術使った解析により設備異常検知に成功した事例を紹介します。更に、解析の先にある“問題解決のためのシステム”に必要な“制御”に対するAI・機械学習技術の適用について紹介します。

AI/Machine Learning for asset abnormality prediction and detection
  • Yokogawa Electric
  • IA Products and Service Business HQ New Field Development Center Field Digital Innovation Department
  • Mr. Keiichiro Kobuchi

In this seminar, after explaining Yokogawa’s approach of applying AI / Machine Learning technology to plants and factories, I will introduce cases which we succeeded in detecting asset abnormality by analysis using this technology. In addition, I will introduce the application situation of AI / Machine Learning technology applying to "Control" which is necessary for "The system for Problem Solving" that is the next step of analysis.

申込はこちら / Registration
  • E-745
  • 2018/11/07 14:00-14:40
  • 10階・1005会議室
IoTでご安全に! -無線計装の導入事例でスマート保安を考える-
  • ISA100 Wireless Compliance Institute
    横河電機
  • マーケティング本部 渉外・標準化戦略センター エキスパートマネージャー
  • 長谷川 敏 氏

今日、IoTやビッグデータ等を活用した産業保安のスマート化が進む中で、製造現場の監視強化の目的で工業用無線センサネットワークが注目を集めている。本講演では、産業用IoTを支える工業用無線規格:ISA100 Wireless (IEC 62734)の導入事例を通して無線計装のスマート保安への適用を提案する。

"Go Anzen Ni" with IoT -Wireless instrumentation case study-
  • ISA100 Wireless Compliance Institute
    Yokogawa Electric
  • Expert Manager, Marketing Headquarters External Affairs & Technology Marketing Center
  • Mr. Toshi Hasegawa

Today, industrial safety is becoming smart with IoT and big data technology. Industrial wireless sensor network technology is more and more popular because of plant monitoring enhancement. We are proposing smart safety application with industrial wireless standard - ISA100 Wireless (IEC 62734).

申込はこちら / Registration
  • E-754
  • 2018/11/07 15:00-15:40
  • 10階・1004会議室
補助金を活用したエネルギーマネジメントシステムの納入事例紹介
  • アズビル
  • アドバンスオートメーションカンパニー 営業推進本部営業5部
  • 本堂 尚 氏

近年、ESG(環境、社会、ガバナンス)といった枠組みで企業を評価する動きが強まっています。しかし、省エネのため投資には、やはり費用対効果・投資回収年が重要な指標となっています。本セミナーでは補助金を活用したエネルギーマネジメントシステムの納入事例を紹介します。

Using Subsidies to Establish an Energy Management System
  • Azbil
  • Sales Department 5. Business Development Group. Advanced Automation Company.
  • Mr. Takashi Hondou

In recent years it is increasingly common to evaluate companies based on environmental, social, and governance (ESG) criteria. However, cost efficiency and the payback period are still important indexes for investment in energy efficiency. This seminar uses case studies to explain how to establish an energy management system using subsidies.

申込はこちら / Registration
  • E-755
  • 2018/11/07 15:00-15:40
  • 10階・1005会議室
電動化車両開発に貢献するHORIBAのソリューション
  • 堀場製作所
  • 開発本部第一製品開発センター マネージャー
  • 廣瀬 潤 氏

世界的に加速する自動車の電動化、そのキーコンポーネントであるリチウムイオン電池をはじめ、パワーデバイスなどの分析計測ソリューションとHORIBAの電動化車両エンジニアリング技術への取り組みを紹介します。

HORIBA solutions for electrified vehicle development
  • HORIBA
  • Manager, Product R&D Center 1, Research & Development Division
  • Mr. Jun Hirose

In electrification trend, HORIBA provides analysis and measurement solutions for LIB, and engineering for electrified vehicle development.

申込はこちら / Registration
  • E-756
  • 2018/11/07 15:00-15:40
  • 10階・1006会議室
微小信号の最適な測定方法 〜電圧・電流・容量測定〜
  • エヌエフ回路設計ブロック

Optimized measurement method of small signal - Voltage/ Current/ Capacitance -
  • NF Corporation

申込はこちら / Registration
  • E-764
  • 2018/11/07 16:00-16:40
  • 10階・1004会議室
バルブ診断の効果とその後の取り組み
  • アズビル
  • サービス本部サービス技術2部
  • 井口 雅司 氏

アズビルではバルブ解析診断サービス開始から今日まで、様々な設備で動いているバルブのデータが多く蓄積されてきています。本セミナーでは、それらのデータを解析して判ったお客さま装置の課題とその対策について、具体的な事例を交えて紹介します。

The Effectiveness of Valve Diagnosis, and Solutions to Problems Identified
  • Azbil
  • Service Engineering Department 2. Service Headquarters.
  • Mr. Masashi Iguchi

Since Azbil began to provide valve diagnostic services, it has accumulated a great amount of data on valves operating in various types of facility. This seminar presents examples of equipment problems identified by analyzing diagnostic data and explains what solutions were applied.

申込はこちら / Registration
  • E-814
  • 2018/11/08 11:20-12:00
  • 10階・1004会議室
身近になった光学式溶存酸素計の解説と応用
  • 東亜ディーケーケー

光学式の原理と特性、特長、注意点、日常管理のほか、BOD測定や塩分補正などの応用例を紹介する

Exposition and application of optical dissolved oxygen analyzer
  • DKK-TOA

Exposition about optical dissolved oxygen analyzer's measurement principle, feature, notice, maintenance and application.

申込はこちら / Registration
  • E-824
  • 2018/11/08 12:20-12:40
  • 10階・1004会議室
液体流量計の校正について
  • 島津システムソリューションズ
  • 技術部
  • 岩政 明 氏

申込はこちら / Registration
  • E-825
  • 2018/11/08 12:20-12:40
  • 10階・1005会議室
プロセス制御における非接触温度計のアプリケーション紹介
  • 堀場製作所
  • 環境・プロセス事業戦略室 温度計測担当
  • 浅川 洋平 氏

赤外線のHORIBAだから実現できた高精度な非接触温度計が活躍する、生産ラインや製造装置組込みなどの事例を中心とした温度計測アプリケーションを紹介。

Introducing applications of non-contact thermometer for process control
  • HORIBA
  • Process & Environmental Segment Strategy Office
  • Mr. Yohei Asakawa

We wil introduce the applications which our accurate non-contact thermometers play an active part, mainly in production lines. These applications were succeeded due to HORIBA's infrared technology!

申込はこちら / Registration
  • E-834
  • 2018/11/08 13:00-13:40
  • 10階・1004会議室
データ解析技術とプロセス知見の融合
AI技術を活用したプロセスデータ解析の取り組み事例
  • 横河電機
  • プレミアムソリューション&サービス事業本部高度ソリューション事業部MI部解析ソリューション課
  • 真木 智貴 氏

本報告では、住友精化(株)様の様々な異なる知見を持つメンバーと、横河電機のデータ解析エンジニアが解析プロジェクトチームを結成し、ラジカル重合プロセスにより生産される特殊ポリマー製品の品質向上と品質安定化を課題テーマに掲げ、課題解決した事例を報告する。また、化学反応プロセスの解析にAI技術を用いた事例を通して、演者が考えるプロセスデータ解析のあるべき姿を紹介する。

Fusion of data analysis and process knowledge
A case of analyzing process data by applying AI technology
  • Yokogawa Electric
  • Premium Solutions & Service Business HQ. Advanced Solutions Business Div.
    Manufacturing Intelligence Dept. Advanced Data Analytics Sec.
  • Mr. Tomotaka Maki

Here, we report the results that some problems to be enhanced and stabilized for a quality of special polymer products synthesized by a radical polymerization process is solved by project members organized from each key person in several departments of SUMITOMO SEIKA and data analysis engineers of YOKOGAWA.We also introduce our TO-BE analysis of process data for chemical reaction processes of which problems were analyzed by applying some types of AI technology.

申込はこちら / Registration
  • E-835
  • 2018/11/08 13:00-13:40
  • 10階・1005会議室
顧客招待セミナー 
  • 富士電機

Customer Invitation seminar
  • Fuji Electric

  • E-836
  • 2018/11/08 13:00-13:40
  • 10階・1006会議室
製造装置の状態管理−予防保全に向けた具体的な取り組み
  • アズビル
  • アドバンスオートメーションカンパニー CPマーケティング部

製造装置内の制御機器が保有するプロセスデータおよびデジタル化されていないアナログ値を統合。正常に運用された装置の状態を把握し、アノマリー検知を利用して予防保全につなげる事例を紹介します。

Managing the Condition of Manufacturing Equipment: Concrete Steps for Implementing Preventive Maintenance
  • Azbil
  • Control Products Marketing Department. Advanced Automation Company.

By integrating process data collected by control devices for manufacturing equipment with digitized analog values, it is possible to learn the normal operating behavior of the equipment and detect anomalies for the purpose of preventive maintenance.

申込はこちら / Registration
  • E-844
  • 2018/11/08 14:00-14:40
  • 10階・1004会議室
ビッグデータ解析とAI技術で実現するプロセスオートメーションの革新

ビッグデータには、人々がより高度な社会的活動を行っていく上で重要な情報が内在しており、製造現場においても、この情報を活用して生産性向上を推進していく取り組みが期待されている。 当社は製造現場のビッグデータを効率的に解析し、プロセス制御に応用することで、プロセス安定化やコスト改善などの実改善につなげており、その中でNTTコミュニケーションズ(株)とAI技術を活用する取り組みにも着手している。その一例を紹介する。

Big data analysis and AI technology realize the innovation of process automation

Big data has important information for advanced social activities, so that at the manufacturing floor, improvement of productivity using this information is expected. Yokogawa efficiently analyzes the big data of the manufacturing field, and applies it to process control. This solution leads to realize the process stabilization and the cost improvement. In collaboration with NTT Communications Corporation, we have started to use AI technology, so we will introduce the case of this.


  • NTTコミュニケーションズ
  • 技術開発部 AI Technical Unit 担当課長
  • 伊藤 浩二 氏

  • NTT Communications
  • Senior Manager, Technology Development AI Technical Unit
  • Mr. Koji Ito


  • 横河ソリューションサービス
  • ソリューションビジネス本部コンサルティングセンターコンサルティング3部1Gr2チーム
  • 新堂 陽平 氏

  • Yokogawa Solution Service
  • Solution Business Division Consulting Center Consulting Dept.2
  • Mr. Yohei Shindo

申込はこちら / Registration
  • E-845
  • 2018/11/08 14:00-14:40
  • 10階・1005会議室
機能安全のヨーロッパにおける最新状況(仮)
  • GMIジャパン

申込はこちら / Registration
  • E-846
  • 2018/11/08 14:00-14:40
  • 10階・1006会議室
現場データの利活用−データ集約型フィールドサービス
  • アズビル
  • サービス本部サービス技術2部
  • 笹岡 英毅 氏

IoT時代に突入し、製造現場における様々なデータが大量に収集・蓄積されています。最近はこれらのビッグデータを製造現場で活用するための環境も整ってきています。本セミナーでは、各種ツール・手法を用いて現場データをどのように活用するかを紹介します。

Utilizing Field Data for Data-Intensive Field Services
  • Azbil
  • Service Engineering Department 2. Service Headquarters.
  • Mr. Hideki Sasaoka

With the advent of the IoT era, large quantities of varied data are being collected and stored on manufacturing sites. As a result, the environment now exists for the onsite use of big data. This seminar will discuss various tools and methods for exploiting field data.

申込はこちら / Registration
  • E-854
  • 2018/11/08 15:00-15:40
  • 10階・1004会議室
インダストリー4.0と最新の防爆ソリューション(仮)
  • ピーアンドエフ

申込はこちら / Registration
  • E-855
  • 2018/11/08 15:00-15:40
  • 10階・1005会議室
フィールドコムグループ 最新技術動向
  • 日本フィールドコムグループ
  • 副理事長
  • 高橋 誠一郎 氏

FOUDNATIONフィールドバス、HART、FDIの開発状況、FDIデモシステムや開発中の技術などの紹介を行う予定。

FieldComm Group Technology Trend
  • FieldComm Group Japan
  • Vice Chairperson
  • Mr. Seiichiro Takahashi

FieldComm Group would like to introduce the technology trends related to FOUNDATION Fieldbus, HART, FDI and FDI demo system.

申込はこちら / Registration
  • E-865
  • 2018/11/08 16:00-16:40
  • 10階・1005会議室
現場と繋いで『値』を買う!全窒素全りん計合理化ソリューション
  • 堀場アドバンスドテクノ
  • はかるEXpress Sales/ Engineering
  • 滝口 寿人 氏

お客様は測定結果のレポートを受け取るだけ!
今まで通りの水質計による測定に加えて、日常や定期保守、トラブル対応まで含めた一元管理を、私どもメーカーがトータルに請け負います。また、固定資産押さえたバランスシート改善にも貢献します。
是非この機会にご聴講いただき、詳細をご確認ください。

Purchase on-site measurement value with our Total Nitrogen Total Phosphorus Monitoring System
  • HORIBA Advanced Techno
  • HAKARU EXpress Sales / Engineering
  • Mr. Hisato Takiguchi

In addition to conventional water quality meters, we provide total management solutions such as daily and weekly maintenance, and troubleshooting.
The measurement results will be sent to the client directly upon completion. By using this product, you could eliminate the need of a huge upfront cost upon acquisition of the equipment, improving the financials of your company. If you have any questions, please do not hesitate to attend our seminar and check out the new technology that are offering.

申込はこちら / Registration
  • E-915
  • 2018/11/09 11:20-12:00
  • 10階・1005会議室
実用段階に入ったAIによるオンライン異常予兆検知システムとその実例
  • アズビル
  • アドバンスオートメーションカンパニー エンジニアリング本部ITサービス推進部
  • 小杉 光春 氏

IoT時代のデータ駆動社会においてビッグデータは、新たな経営資源として注目され企業競争力のカギとして期待されてきましたが、それもいよいよ実用段階に入りつつあります。本セミナーでは、製造現場の操業ビッグデータを用いプラントや工場におけるプロセスや設備の状態を網羅的に監視する、異常予兆検知システム「BiG EYES」の概要と実用例を紹介します。

A Practical AI-Based Online Anomaly Monitoring System
  • Azbil
  • IT Service Promotion Department. Engineering Headquarters. Advanced Automation Company.
  • Mr. Mitsuharu Kosugi

In our data-driven society in the era of the IoT, big data has been in the spotlight as a new corporate resource, and it is expected to play a key role in strengthening corporate competitiveness. At the present time it is finally becoming possible to realize these expectations. This seminar uses case studies to give an overview of Azbil’s BiG EYES anomaly monitoring system, which uses big data from manufacturing site operation to effectively monitor processes and equipment conditions at plants and factories.

申込はこちら / Registration
  • E-916
  • 2018/11/09 11:20-12:00
  • 10階・1006会議室
自動車関連試験ソリューション 車載部品・駆動システム・AD/ADAS試験
  • 計測技研

Automotive test solution -In-vehicle parts, Drive system, AD/ADAS -
  • Keisokugiken

申込はこちら / Registration
  • E-924
  • 2018/11/09 12:20-12:40
  • 10階・1004会議室
新たな価値を創出するプラント監視制御システム「METRIS-G4 Plus」
  • 島津システムソリューションズ
  • 技術部
  • 伏見 健史 氏

申込はこちら / Registration
  • E-934
  • 2018/11/09 13:00-13:40
  • 10階・1004会議室
Industrial IoT導入プロジェクトを進めるための革新的環境とその活用事例紹介
  • 横河ソリューションサービス
  • ビジネスマーケティング本部マーケティング戦略企画部 部長
  • 崎田 智博 氏

Industrial IoTを活用した価値共創型プロジェクトにおいては、専門のノウハウや各種データをもつ複数の部門・企業が参画するとより高いイノベーションを生み出すことが可能となる。このようなプロジェクトにおいては、組織や企業の壁を越えてリアルタイムにデータとノウハウに基づいて仮説・議論・実証のプロセスを廻すワーキングスタイルが必要となる。今回、YOKOGAWAにおいて提唱している価値共創のワーキングスタイルとその具体的な事例について紹介する。

Introduction of innovative environments and examples to advance the industrial IoT introduction project
  • Yokogawa Solution Service
  • General Manager, Business Marketing Division Marketing Strategic Planning Dept.
  • Mr. Tomohiro Sakita

In the value co-creation project utilizing Industrial IoT, it is possible to create higher innovation by participating in multiple departments / companies with expert know-how and various data.In such projects, working styles that go through hypotheses, discussions and demonstration processes based on data and know-how in real time beyond the barriers of organizations and companies are needed.We introduce the value co-creation working style proposed in YOKOGAWA and examples.of its use.

申込はこちら / Registration
  • E-935
  • 2018/11/09 13:00-13:40
  • 10階・1005会議室
顧客招待セミナー 
  • 富士電機

Customer Invitation seminar
  • Fuji Electric

  • E-936
  • 2018/11/09 13:00-13:40
  • 10階・1006会議室
工場からの排出物質の特定を可能とする自動成分分析装置のご紹介
  • 堀場製作所
  • 環境・プロセス事業戦略室 販売促進担当副室長
  • 池田 輝彦 氏

従来から固定発生源対策により大気改善が行われている。
近年はゼロエミッションや生産性向上をキーワードとして、原料や製造プロセス改善が行われ、その1つとして排出濃度と成分を連続的に把握することが求めらている。今回、粉じん中の質量濃度と元素濃度を1台で連続測定できる装置PX-375を紹介する。

Introducing our continuous monitor of mass and element in particulate matter, for tracing contamination source from industrial plants and manufacturing process
  • HORIBA
  • Deputy Chief Manager
    Process & Environmental Segment Strategy Office
  • Mr. Teruhiko Ikeda

Improvement of air quality has been being measured than ever before.
Recently, many manufacturers make improvement of material and manufacturing process typified by zero-emission technology and productivity growth etc. and it is very important to understand chemical components in particulate matter, for achiving them. We would like to introduce PX-375 which is newly invented to solve these matters and allows to measure mass and element concentrations with single units by using Beta-ray attenuation and X-ray fluorescence.

申込はこちら / Registration
  • E-944
  • 2018/11/09 14:00-14:40
  • 10階・1004会議室
デジタル革新による運転・保全部門連携の操業改善シナリオのご紹介
  • 横河電機
  • プレミアムソリューション&サービス事業本部高度ソリューション事業部ビジネスデベロップメント部
  • 新井 貴久治 氏

日々の操業および保全活動において各生産部門のマネージャー、各課員など様々なメンバーの業務遂行と効率化が求められています。最新のモバイル端末を通じ、製造現場情報を電子化、共有化すると共に、トラブル解析ノウハウの蓄積と、正確な状況判断と対応行動をサポートし、組織連携によるベストプラクティスを実現するシナリオを紹介します。

Introduction of Operation Improvement Scenario with Operation and Maintenance Section
  • Yokogawa Electric
  • Premium Solutions & Service Business HQ. Advanced Solutions Business Div. Business Development Dept. Sales Support Sec.
  • Mr. Kikuharu Arai

Operations Management empowers Operators, Supervisors and Managers of complex plant facilities to perform their routine plant operations and maintenance activities with increased Human Reliability, Safety and Productivity. We will introduce the actual scenario.

申込はこちら / Registration
  • E-945
  • 2018/11/09 14:00-14:40
  • 10階・1005会議室
現在検討されているEMI測定方法 ~CISPR釜山会議を踏まえて~
  • KEC関西電子工業振興センター
  • 試験事業部 グループマネージャー
  • 峯松 育弥 氏

将来的に目指すべき未来社会である「Society5.0」では、さまざまな機器が無線通信または有線通信で接続されることになる。そのような環境下では通信エラーは許容されない場合がありEMCは非常に重要となる。これから必要となるEMC試験法を10月に開催されたCISPR釜山会議の内容を踏まえ説明を行う。

EMI measurement method currently being studied - Based on CISPR Busan Conference -
  • KEC Electronic Industry Development Center
  • Testing Division Group Manager
  • Mr. Ikuya Minematsu

In "Society 5.0" which is a future society to be aimed at in the future, various devices are connected by wireless communication or wire communication. Under such environment, communication errors may not be accepted, and EMC will be very important.
We will explain the necessary EMC test method based on the contents of the CISPR Busan Conference in October.

申込はこちら / Registration
  • E-946
  • 2018/11/09 14:00-15:40
  • 10階・1006会議室
SICEセミナー
IoT・AIが拓く計測・制御・システムの未来

IoT・AIの技術革新がもたらす新しい世界(Society5.0)の実現に対し,SICEが扱っている計測・制御・システムの領域がいかに貢献していくかについて,SICEおよび関連学会であるシステム制御情報学会(ISCIE)の各先生からご講演いただきます.

SICE Seminar
Future of measurement, control and system pioneered by IoT & AI

Society 5.0, a new horizon pioneered by IoT & AI innovations. The professors who are the members of SICE and its related society ISCIE give lectures how the instrument, control, and system technologies researched in SICE/ISCIE contribute to realizing Society 5.0 through IoT and AI innovations.


  • 計測自動制御学会
  • 副会長
  • 椹木 哲夫 氏

  • The Society of Instrument and Control Engineers
  • Vice-President
  • Mr. Tetsuo Sawaragi


  • 工学院大学
  • 情報学部 システム数理学科
  • 橘 完太 氏

  • Kogakuin University
  • Faculty of Informatics Department of Information System and Applied Mathematecs
  • Mr. Kanta Tachibana


  • 立命館大学
  • 理工学部 電気電子工学科
  • 高山 茂 氏

  • Ritsumeikan University
  • College of Science and Engineering Department of Electrical and Electronic Engineering
  • Mr. Shigeru Takayama


  • 関西学院大学
  • 理工学部 人間システム工学科
  • 井村 誠孝 氏

  • KWANSEI GAKUIN University
  • School of Science and Technology Human System Interaction
  • Mr. Masataka Imura

申込はこちら / Registration
  • E-954
  • 2018/11/09 15:00-15:40
  • 10階・1004会議室
IIoT x AIで課題解決を支援するAIアプリケーション「Cerebra」のご紹介
  • 日立ハイテクソリューションズ
  • オペレーティング費用、装置の予定外のダウンタイムの削減および歩留まり改善を支援するAIアプリケーションを90日間でご提供します。また、ROIにやさしいミニマム費用でご利用いただけます。

Japanese information only
  • Hitachi High-Tech Solutions
  • Japanese information only

申込はこちら / Registration
  • E-955
  • 2018/11/09 15:00-15:40
  • 10階・1005会議室
各種プラント向けシステムパッケージによる安定稼働への取り組み
  • 富士電機
  • パワエレシステム事業本部 エンジニアリング統括部 プラントシステムセンター オートメーションシステム技術部 部長
  • 吉野 稔 氏

当社は、強いコンポーネントにIoT・制御技術を組み合わせた各種プラント向けシステムパッケージにより、最適なソリューションをそれぞれのお客様にご提供します。最適な電気設備、最適な監視・制御による、原単位低減・省エネ、省保守、安定操業と高品質製品の製造に向けた取り組みをご紹介いたします。

Efforts for stable operation by system packages for various plants.
  • Fuji Electric
  • Automation Systems Engineering Dept.Plant Systems Engineering Center
    Engineering Division, Power Electronics Systems Business Group
  • Mr. Minoru Yoshino

We provide optimal solutions for each customer by system packages which combined IoT and control technology into strong components for various plants.
We will introduce the efforts for optimum electric equipment, optimal monitoring and control,energy-saving, reduced maintenance, stable operation and production of high quality products.

申込はこちら / Registration
  • E-964
  • 2018/11/09 16:00-16:40
  • 10階・1004会議室
エネルギーマネジメントソリューション「ENEOPT」の発展
  • アズビル
  • アドバンスオートメーションカンパニー 営業推進本部 営業5部
  • 野原 亮 氏

人手不足が課題となりつつある原動力部門では、見える化のみならず人の意思決定をサポートするEMSが求められています。本セミナーでは、アズビルのエネルギーマネジメントソリューション 「ENEOPT」の最新動向として、「見える化」から「分かる化」「できる化」への発展を事例を交えて紹介します。

The Development of the ENEOPT Energy Management Solution
  • Azbil
  • Sales Department 5. Business Development Group. Advanced Automation Company.
  • Mr. Ryo Nohara

In utility management departments, where a lack of personnel is becoming an issue, ENEOPT is an energy management solution that supports not only visualization but also human decision-making. This seminar uses case studies to introduce the latest applications of Azbil’s ENEOPT energy management solution.

申込はこちら / Registration

JEMIMA委員会セミナー
JEMIMA Committee Seminar

  • J-717
  • 2018/11/07 12:00-13:00
  • 10階・1007会議室
【エネルギー・低炭素政策委員会】
エネルギーバリューチェーンにおける工場のエネルギーマネージメント
  • 三菱電機
  • 先端後術総合研究所 グループマネージャー
  • 森 一之 氏

工場でのエネルギー効率の視点は個別最適から全体最適へシフトしつつある。また工場はエネルギーの需要家であるだけでなく供給者にもなりうることから全体最適はエネルギーグリッドとの連携へと拡大しつつある。本セミナーでは、エネルギーバリューチェーンにおけるエネルギー最適利用の将来像とその実現に寄与する技術、国際標準を紹介する。

[Energy / Low-carbon Committee]
Role and Future Trends of Industrial Facility Energy Management in Energy Value Chain
  • Mitsubishi Electric
  • Manager, Advanced Technology R&D Center
  • Mr. Kazuyuki Mori

The viewpoint of energy efficiency in the industrial facility is shifting from local optimum to global optimum. Moreover, industrial facilities can be not only energy consumers but also suppliers, and gloval optimization is expanding to cooperation with external utility grid. This seminar will introduce the future trends of optimum energy use in the enegy value chain, technologies and international standards that will contribute to realization.

申込はこちら / Registration
  • J-737
  • 2018/11/07 13:30-15:00
  • 10階・1007会議室
【電子測定器委員会】
EVを含む電子機器の性能評価に不可欠な測定器の選択ポイント(仮題)
  • 電子測定器委員会 委員

[Electronic Measuring Instruments and Systems Committee]
Selection point of measuring instruments indispensable for performance evaluation of electronic equipment including EV (Tentative title)

申込はこちら / Registration
  • J-807
  • 2018/11/08 10:30-12:00
  • 10階・1007会議室
【先端技術調査委員会】
IoT時代の機械学習の実像と先端センシング技術への展開
  • 大阪大学 産業科学研究所
  • 第1研究部門(情報・量子科学系)知能推論研究分野 教授
  • 鷲尾 隆 氏

IoT時代を迎え、大量のセンサーや機器から膨大なデータを容易に収集可能となり、それらを解析し従来にない新機能を実現する機械学習技術が注目を集めている。本講演では、機械学習技術の実像や、講演者等が取り組む機械学習技術とセンシング技術の融合による先端的センシングデバイスの研究開発例を紹介する。

[Strategic Study Committee for Advanced Technology]
Reality of Machine Learning and Its Application to Advanced Sensing in the IoT era
  • The Institute of Scientific and Industrial Reserch, Osaka University
  • Professor, Department of Reasoning for Intelligence Division of Information and Quantum Science
  • Dr. Takashi Washio

With the IoT era, enormous data can be now easily acquired from a large number of sensors and equipment, and machine learning techniques that can analyze them and realize new functions unprecedented in the past are attracting much attention. In this presentation, we talk actual possibilities and limitations of machine learning techniques and introduce our research and development of several advanced sensing devices based on the synthesis of machine learning and sensing technologies.

申込はこちら / Registration
  • J-827
  • 2018/11/08 12:15-13:15
  • 10階・1007会議室
【産業計測機器・システム委員会】
IoT時代に必要な無線計装と制御システムセキュリティ

よくわかる無線計装入門: 意外と簡単、無線で現場のスマート化
IoTを支える無線計装を導入する要点を、工業用途の特徴を踏まえてわかりやすく解説する。

すぐできる、自分でできる、簡単セキュリティ対策J-CLICS
制御システムセキュリティ評価ツールJ-CLICSと、その改定に向けた取り組みを紹介する。

[Industrial-process Measurement and Control Committee]
”Industrial wireless” and ”Control system security” necessary for the IoT.

"Introduction to industrial wireless and its applications" : It is easy, adopting wireless for smart manufacturing and IIoT solutions.

"Introduction about J-CLICS and its update activities" : J-CLICS is a quickly, simply and DIY security assessment tool for ICS.


  • 島津システムソリューションズ
  • 製造本部 技術部
  • 瀬和居 裕志 氏

  • Shimadzu system solutions
  • R&D dept.
  • Mr. Hiroshi Sewai


  • 横河電機
  • IA-SS システム開発センター システムソフトウェア技術部
  • 加藤 毅 氏

  • Yokogawa Electric
  • System Software D&E Dept. IA-SS System Development Center
  • Mr. Tsuyoshi Katou


  • 富士電機
  • 技術開発本部 イノベーション創出センター デジタルプラットフォーム開発室 組込システム研究部
  • 高務 健二 氏

  • Fuji Electric
  • Embedded System Research Dept.
  • Mr. Kenji Takatsukasa

申込はこちら / Registration
  • J-837
  • 2018/11/08 13:30-14:30
  • 10階・1007会議室
【産業計測機器・システム委員会 機能安全調査研究WG】
日本での安全規制の高度化と機能安全を実現する安全計装システム
  • ABB日本ベーレー
  • システム技術部 部長
  • 板垣 満 氏

プラントの安全に対する関心が増々高まるなか、経産省や厚労省によって機能安全導入による安全規制の高度化が始められている。この機能安全を実現する重要な手段が安全計装システム(SIS)であり、SISを評価する重要な指標が「PFDavg(作動要求時の危険側機能失敗平均確率)」である。SISの有効性とPFDavgについて紹介する。

[Industrial-process Measurement and Control Committee]
Safety Innovation and SIS that implements Functional Safety
  • ABB Bailey Japan
  • Department Manager, System Engineering Department
  • Mr. Mitsuru Itagaki

The Safety innovation in Japan has been commencing by introducing functional safety. An important means to implement functional safety is a safety instrumented system(SIS), and a method for evaluating SIS is PFDavg(Probability of failure on demand). We present the effectiveness of SIS and PFDavg.

申込はこちら / Registration
  • J-857
  • 2018/11/08 15:00-17:00
  • 10階・1007会議室
【校正事業委員会】
広がる校正サービス2018
〜JCSS創設25年を振り返って〜

JCSS創設25年となりました。制度運用、標準供給、JCSS登録事業者、それぞれの立場から振り返り、新たなJCSSや利用促進へとつなげていきます。

[Calibration Service Committee]
Extending calibration service 2018
〜Looking back on JCSS foundation 25 years〜

JCSS was founded 25 years ago. We look back from the standpoint of institutional operation, standard supply, JCSS Accredited Calibration Laboratories, and will lead to new JCSS and promotion of use.


  • 製品評価技術基盤機構 認定センター
  • 計量認定課 JCSSチーム長
  • 土屋 年史 氏

  • National Institute of Technology and Evaluation(NTE) International Accreditation Japan
  • Accreditation Division for Calibration Lavboratories JCSS team leader
  • Mr. Toshifumi Tsuchiya


  • 産業技術総合研究所
  • 計量標準総合センター 物理計測標準研究部門 副研究部門長
  • 島田 洋蔵 氏

  • Advanced Industrial Science And Technology(AIST)
  • National Metrology Institute of Japan
    Research Institute for Physical Measurement Deputy Directors
  • Mr. Yozo Shimada


  • 山里産業
  • 標準室 室長
  • 丸野 耕一 氏

  • Yamari Industries
  • Head of Standerd Laboratory
  • Mr. Koichi Maruno

申込はこちら / Registration
  • J-917
  • 2018/11/09 11:00-12:30
  • 10階・1007会議室
【IoTイノベーション推進委員会】
委員会活動報告−成果、状況と課題

当委員会は日本企業を中心とした工業会としてIndustrie 4.0/IIoTのトレンドをどうとらえ、将来のビジネスに活かすべきか、2017年の発足以来産官学からのメンバーによる検討活動を継続している。本講演ではこれまでの活動を通じた知見、成果、課題などを検討の最新状況を含めて紹介する。

[IoT Innovation Committee ]
Committee Activity Status - results and issues

The Committee has been continuing to discuss the trend of Industrie 4.0 / IIoT as an industrial association with Japanese companies aspect and to utilize it for our future business, among members from industry, government and academia since its establishment in 2017. In this lecture, we will introduce the findings, achievements, tasks etc. through the activities up to today including the latest situation.


  • 日立製作所
  • 産業・水業務統括本部 企画本部 渉外部 事業開発担当 部長代理
  • 池羽 進午 氏

  • Hitachi
  • Manager, Business Development & External Relations Department, Management Planning Division
  • Mr. Shingo Ikeba


  • アズビル
  • アドバンスオートメーションカンパニー SSマーケティング部 ソリューション事業担当
  • 吉田 雅美 氏

  • Azbil
  • Manager, Solution Business, SS Marketing Department, Advanced Automation Company
  • Mr. Masami Yoshida


  • 島津システムソリューションズ
  • 横浜支店 技術担当 主任
  • 坪井 健士 氏

  • Shimadzu System Solutions
  • Chief Engineer, Yokohama Office
  • Mr. Kenji Tsuboi


  • 経済産業省 特許庁
  • 審査第一部(距離・電気測定)特許審査官
  • 大瀬 裕久 氏

  • Japan Patent Office, Ministry of Economy, Trade and Industry
  • Patent Examiner, Patent and Design Examination Department, Measurement Division
  • Mr. Hirohisa Ohse

申込はこちら / Registration
  • J-937
  • 2018/11/09 13:00-14:30
  • 10階・1007会議室
【環境グリーン委員会】
製品含有化学物質規制の基礎と欧州環境規制最新動向

欧州、および世界の製品含有化学物質規制に関する基本的な事項について解説いたします。また、各種環境規制の発信元となっている欧州委員会の政策決定プロセスや現地のトピックスについても併せてご紹介いたします。

[Green Product Committee]
Basic of regulations on chemical substances contained in products and European environmental regulation news

We will introduce the basics of chemical substances contained in products in Europe and the world. In addition, we will also introduce the policy decision process of the European Commission, which is the source of various environmental regulations, and latest topics in EU.


  • 堀場製作所
  • 朝倉 暁江 氏

  • HORIBA
  • Ms. Akie Asakura


  • イシダ
  • 吉川 隆雄 氏

  • ISHIDA
  • Mr. Takao Yoshikawa


  • 堀場製作所
  • 小出 拓郎 氏

  • HORIBA
  • Mr. Takuro Koide

申込はこちら / Registration
  • J-957
  • 2018/11/09 15:00-16:30
  • 10階・1007会議室
【IEC/TC65国内委員会】
スマートマニュファクチャリングにおけるセキュリティ

スマートマニュファクチャリング関連規格化動向とその安全を支えるセキュリティを説明する。IoTによる生産性や品質の向上、新サービスなど新たな動きは新たな脅威・リスクを呼ぶ。セキュリティ被害実例を示し、その対策となる標準化の動向と、その規格を盛り込んだ製品化についてセキュリティの認証を元に説明する。

[IEC/TC65 Japan National Committee]
Security on Smartmanufacturing system -Current movement for Security relating standards and the case of these application examples

Update the current trend of standardization for relating Smartmanufaturing and Security which supports such system. New service baseed on IoT may lead our system to new risk or new threat. By explaining the security incident, we input the trend of security standardization as the countermeasure for threat/risk, and explain the development activities by using security standards and security certification.


  • 横河電機
  • MK本部 コンサルタント
  • 松本 高治 氏

  • Yokogawa Electric
  • Consultant, Marketing Headquaters
  • Mr. Takaharu Matsumoto


  • 横河電機
  • MK本部 渉外・標準化戦略センター エキスパート マネージャー
  • 長谷川 敏 氏

  • Yokogawa Electric
  • Expert Manager, Marketing Headquaters External Affairs & Technology Marketing Center
  • Mr. Toshi Hasegawa


  • 三菱電機
  • 先端技術総合研究所 主席技師長
  • 神余 浩夫 氏

  • Mitsubishi Electric
  • Chief Engineer, Advanced Technology R&D Center
  • Mr. Hiroo Kanamaru


  • 横河電機
  • IAシステム&サービス事業本部 ライフサイクルサービス事業部 マネージャー
  • 星野 浩志 氏

  • Yokogawa Electric
  • Manager, IA Systems and Service Business Headquarters, Lifecycle Service Business Div.
  • Mr. Hiroshi Hoshino

申込はこちら / Registration

ツアー・ワークショップ
Tour & Workshop

  • W-738
  • 2018/11/07 13:00-16:30
  • 10階・1008会議室
【近畿経済産業局 特別連携企画】
SenStickでセンシングビジネスを考えるワークショップ

センサーの小型化・低廉化が進む中、あらゆるものにセンサーが埋め込まれ、「これまでにないサービス」が展開され、いわゆるSociety5.0(超スマート社会)につながっていくことが期待されます。本ワークショップは、Society5.0時代を見据え、また、その時代を想定した2025年に向けてセンシングビジネス(例えばSenStickのようなスタンドアローンでログが取れる超小型マルチセンサボードの活用)を考えるアイデアワークショップです。

*特別協力:近畿経済産業局、Rubyビジネス推進協議会
協力:関西ものづくりIoT推進連絡会議

写真

申込はこちら / Registration