計測展2020 OSAKA/10月21日(水)-23日(金)/グランキューブ大阪

出展のお申し込みはこちら English
  • 新着情報

    WHAT'S NEW

  • 2019.11.01

    2019年11月1日(金)13時より出展申込み受付を開始しました。

    一般社団法人日本電気計測器工業会(会長 西島 剛志)は、2020年10月21日(水)から23日(金)まで、グランキューブ大阪(中之島・大阪国際会議場)にて計測・制御の最先端技術を紹介する専門展示会「計測展2020 OSAKA」の開催にあたり、2019年11月1日(金)13時より、本展示会ウェブサイトにて、出展申込受付を開始いたしましたのでお知らせします。

    「計測展2020 OSAKA」は、大阪・関西万博が開催される2025年そして2030年を見据え、ものづくりとSDGsをテーマに、さらに規模も拡大して新たな価値を提供します。

    とくに、「オープンイノベーションや技術交流に興味がある」、「自動車、ヘルスケア・医療、素材・化学など成長分野にビジネスを拡大したい」という企業・団体のほか、スタートアップ、ロボティクス、AI・IoT、スマートシティ、新エネルギー、MaaS、シェアリングエコノミーなどに携わる関係者にもご出展いただく価値のある展示会です。

    『未来と、継(つな)ぐ』を2020年のPRメッセージとして、出展者と来場者相互の情報交流はもとより、産学官が一体化した関西らしい連携企画をさらに拡大し、各社のさらなるビジネス拡大と新しいネットワーク創りに貢献できる「計測展2020 OSAKA」へ、多くの皆様のご出展をお待ちしております。

    2019.10.24

    【ニュースリリース】計測展2020 OSAKA開催のご案内

    本日15時より、大阪国際会議場(グランキューブ大阪)にて開催されました「計測展2020 OSAKA開催説明会」におきまして、主催者および計測展2020 OSAKA実行委員会より展示会の概要と注目企画が紹介されました。ニュースリリースはこちらからご覧ください。

    2019.09.17

    「計測展2020 OSAKA」開催説明会&SDGsトークセッションのお知らせ(2019/10/24開催)

    「計測展2020 OSAKA」の出展申込み受付開始に先立ち、展示会のコンセプト・主催者企画・併催事業・カンファレンスなどの展示会概要をご紹介する説明会を開催いたします。

    また、当日は、計測展2020 OSAKAの注力テーマでもある「ものづくり×SDGs」をテーマに有識者によるトークセッションも予定しておりますので、出展をご検討の方はもちろん、どなたでもお気軽にご参加ください。

    • 詳細はコチラ

      • 計測展2020 OSAKA開催説明会&トークセッション
        「社内で活用するために!企業によるSDGsの実践」のお知らせ

        「計測展 OSAKA」は“産業のマザーツール”としての計測と制御にかかわる製品やサービスに関する専門展として、大阪において隔年で開催してまいりました。

        近年、計測と制御は第4次産業革命やIoTなどにより応用分野が広範囲な産業に浸透し、またIoTやAIなどにより高度化しています。一方、企業は一社の利益追求のみではなく、社会へ与える影響を考え、持続可能な社会へ向けての取り組みが要求される時代にもなっています。

        2020年10月に開催する展示会「計測展2020 OSAKA」では、計測・制御技術が支える最新ソリューションを展示とカンファレンスで広くアピールするほか、事業活動を通した社会課題解決に取り組むためのヒントを積極的に発信します。

        つきましては、展示会開催に先立ち、企業によるSDGsの進め方や活用について、有識者の方々にお聞きするトークセッションを開催します。

        また、「計測展2020 OSAKA」の展示会概要と注目企画をご紹介予定ですので、奮ってご参加ください。

        ==========================================

        計測展2020 OSAKA開催説明会

        ==========================================

        日 時

        2019年10月24日(木)15:00-16:40 (受付開始14:30)

        会 場

        グランキューブ大阪 10階 1008会場

        〒530-0005 大阪市北区中之島5-3-51

        https://www.gco.co.jp/access/

        プログラム
        15:00-15:30

        ご挨拶と計測展2020 OSAKAの見どころ

        計測展2020 OSAKA実行委員会

        委員長 花元龍二(島津システムソリューションズ株式会社)

        15:30-15:45

        成果につながる展示会活用事例

        一般財団法人 関西情報センター

        事業推進グループ マネジャー・主席研究員 石橋裕基 様

        15:45-16:30

        トークセッション

        「社内で活用するために!企業によるSDGsの実践」

        <スピーカー>

        経済産業省 近畿経済産業局

        通商部 国際課長 森下剛志 様

        国立研究開発法人 科学技術振興機構

        経営企画部 持続可能な社会推進室 主査 平川祥子 様

        <進行役>

        計測展2020 OSAKA実行委員会

        副委員長 石倉理有(株式会社堀場製作所)

        16:30-16:40 事務局より展示会出展に関するご案内
    2019.08.30

    9月5日〜6日開催「国際フロンティア産業メッセ2019」参加のお知らせ

    一般社団法人日本電気計測器工業会関西支部(JEMIMA)は、来年10月21日〜23日に開催が決定している「計測展2020 OSAKA」を広くアピールするため、9月5日(木)〜6日(金)神戸国際展示場にて開催される「国際フロンティア産業メッセ2019」の関西ものづくりIoT推進連会議ブースに参加します。

    ◎展示会名称:国際フロンティア産業メッセ2019

    ◎出展者名:関西ものづくりIoT推進連絡会議

    ◎ブース番号:A-37

    ◎展示会ウェブサイト内の出展者紹介ページ

    2019.08.09

    出展申込み受付開始に先立ち、来たる10月24日(木)15時より

    グランキューブ大阪にて開催説明会を開催します。

    参加方法など詳細につきましては後日改めてご案内いたします。

    2019.08.09
    計測展2020 OSAKAウェブサイトを公開しました。
  • 本展示会の特徴

    SPECIAL FEATURE

  • SDGsのマザーツール「計測・制御」技術は、これからの産業と社会をどのように変えていくのか

    AI・IoTはブームからいよいよ実用フェーズへ!

    ものづくりにおける付加価値向上と現場力強化を目指して、2025年開催の大阪・関西万博を見据えた産業の未来を関西から発信します。

    実行委員長 花元龍二「計測展 OSAKA」は、“産業のマザーツール”としての計測と制御にかかわる製品やサービスに関する専門展として、大阪で隔年開催してまいりました。近年では、第4次産業革命やIoTなどにより応用分野が広範囲な産業に浸透し、またAIや5Gなどにより複雑な領域へ進化しようとしています。
    計測・制御の進化/計測・生業の応用分野の拡大一方、企業は一社のみの利益を追求するのではなく、持続可能な社会へ向けての取り組みが要求される時代になりました。
    「計測展2020 OSAKA」は、『未来と、継(つな)ぐ』をPRメッセージとして出展者と来場者相互の情報交流はもとより、産学官が一体化した関西らしい枠組みを通して、各社のさらなるビジネス拡大と新しいネットワーク創りに貢献できる展示会を目指します。
    ぜひ本展示会へのご出展をご検討ください。

    計測展2020 OSAKA 実行委員長 花元 龍二

    計測展2020 OSAKAがご提供する価値

    AI・IoTそして5Gなどのデジタル技術との融合によりものづくり社会で一層重要度が増している計測・制御技術

    計測・制御技術は、計測した結果をフィードバックし制御するという重要な役割を担っており、ものづくり、プラント制御、社会インフラなどに不可欠な技術です。計測展2020 OSAKAは、最新の計測・制御機器をユーザーへ訴求したい方はもちろん、

    「オープンイノベーションや技術交流に興味がある」

    「自動車、ヘルスケア・医療、素材・化学など成長分野にビジネスを拡大したい」

    という方のほか、スタートアップ、ロボティクス、AI・IoT、センサー、スマートシティ、新エネルギー、MaaS、シェアリングエコノミーなどに携わる関係者にもご出展いただく価値のある展示会です。

    先端性・独自性を特徴とする工業会主催の展示会/ユーザーの課題・関心事を的確に捉えたテーマ設定/関西ならではの枠組みで事業者を後押し

    関西だからこそ実現する産学官連携による出会いの場・つながる場、そしてSDGs実践・推進による新規ビジネス創出の場を提供

    展示とカンファレンスの複合型展示会「計測展2020 OSAKA」出展効果を高める主な企画
    関西の産学官との連携企画拡大 ~社会課題に貢献し、新たなビジネス機会の創出へ~

    5G・AI・IoTなどデジタル技術の新潮流をいち早く捉え、Connected Industriesを実現するために、関西の産学官が一体となった新たな情報発信・出会いの場を提供します。また、産業のマザーツール「計測・制御技術」は、社会課題を解決するSDGsマザーツールでもあります。「工場設備とIoT」、「AI 、DX、自動化技術」などの産学官のエキスパート、出展者、関西系連携団体との新たな技術・ビジネス共創により、現場の課題解決から未来のサステナブル社会を見据えた最新情報を発信します。

    <主な予定イベント>

    産:関西IT系団体出展・商談会(キラリと光るシーズ企業との出会い)

    :ロボティクス関連特別企画(次世代ものづくり対応のパートナーとの出会い)

    学:自動車技術会関西支部特別連携協賛企画、大阪大学産業科学研究所特別連携企画

    (次世代技術・新規市場ならびに新規ビジネスパートナーとの出会い)

    官:近畿経済産業局・近畿総合通信局との特別連携企画(次世代技術、グローバルな出会い)

    :近畿経済産業局・科学技術振興機構(JST)とのSDGs特別企画(新規ビジネス創出)

    自動車技術会関西支部ほか「ユーザー層」との連携企画

    自動車の電動化や安全技術の進化、さらには自動運転などにともない、これらを支える新機能が次々と生まれています。新機能に組み込まれる計測・制御技術やそれを評価する計測技術が強く求められています。自動車およびモビリティビジネス全体を取り巻く最先端の状況について、本分野における国内最大規模のアカデミア団体:自動車技術会(関西支部)と特別連携協賛の集中セミナーを開催します。裾野の広い自動車関連ビジネスへの関心をお持ちの皆様、必見の内容です。

    ブースへの誘客効果が高いステージ、商談ルームを提供

    新製品や最新技術を直接来場者にアピールできるプレゼンテーションステージを展示会場に用意しています。ここでは展示ブースだけでは伝えきれない、情熱や魅力を訴求することができます。今回の出展を最大の成果につなげるために、プレゼンテーションステージをご活用ください。また、商談ルームを常設し、ビジネスマッチングをサポートします。イノベーション創出の可能性を秘めたシーズと産業界のニーズとの出会いの場を提供します。

    SDGs特別セッション for Africa

    次世代を担うアフリカからの留学生によるプレゼンテーションを開催します。母国(アフリカ諸国)が抱える様々な課題を発表してもらいます。ソリューションを一緒に考えることで、出展企業の未来のビジネスに繋がることを期待しています。

    ※2019年10月時点の企画です。

    • 前回(2018)の計測展
    • 前回(2018)の計測展
    • 前回(2018)の計測展
    • 前回(2018)の計測展
    • 前回(2018)の計測展
    来場対象(計測展2018 OSAKA来場者アンケートより抜粋)
    来場対象
    来場プロモーション
    • 新聞・雑誌・Web

      有力業界専門誌、および有力Web媒体などを活用します。中核来場者である電機・電子・機械・ものづくりの製造技術者から企業のマネジメント層、中堅中小企業経営者、ICTプロフェッショナル、社会インフラ関連分野のキーマンまで、幅広く告知活動を展開します。

    • eDM・ダイレクトメール

      紙によるDM招待券に加え、日経 xTECH、ものづくり系雑誌Newsメールなどの登録読者に向けてeDMを配信します。また、「計測」、「制御」、「AI・自動化」などのキーワード(予定)で読者を抽出して、ターゲティングメールを効果的に活用します。

    • SNSによる情報発信

      Facebookページを活用し、これまでの既存来場者層に加えて、様々な分野の来場ターゲット層や若年層に向けて、より広く展示会やセミナー情報を発信していきます。

    • 海外向けプロモーション

      積極的な直接プロモーションを行います。英語サイトのコンテンツを充実させ、海外メディアを活用しながら、海外のものづくり産業の関係者へeDMを配信します。

    • 来場プロモーション来場プロモーション
  • 開催概要

    OUTLINE

  • 名 称

    計測展2020 OSAKA

    Measurement and Control Show 2020 OSAKA

    テーマ

    未来のものづくり社会を支える 計測と制御技術の総合展

    会 期

    2020年10月21日(水)~23日(金)

    時 間

    10:00〜17:00

    会 場

    グランキューブ大阪(中之島・大阪国際会議場)

    主 催

    一般社団法人 日本電気計測器工業会(JEMIMA)

    後 援

    〈順不同・申請予定〉

    経済産業省近畿経済産業局/総務省近畿総合通信局/大阪府/大阪市/大阪商工会議所

    入場料

    1,000円(消費税込)

    学生、事前登録者および招待券持参者は入場無料

    公式サイト

    https://jemima.osaka/

    Facebook

    https://www.facebook.com/mcs.osaka/

    出展対象

    [計測]

    電気測定器、指示計器、電力需給計器、電子応用計測器、環境計測器、放射線計測器

    [センサ]

    存在検知センサ、FAインテリジェントセンサ、他各種センサ

    [制御]

    FA用計測制御機器、PA用計測制御機器、アクチュエータ、プログラマブルコントローラ、FAシステム機器、電源機器、グラフィック表示器、安全制御機器/ソリューション

    [機器]

    表示監視機器、省エネ・新エネ関連機器/ソリューション、情報伝送装置・周辺装置

    [ソフトウェア]

    計測・制御ソフトウェア/ソリューション、組込みソフトウェア、生産管理システム

    [スマートファクトリー関連]

    産業機器・産業用ロボット、プラント・工場の保守コスト削減ソリューション、監視・保全システム、停止要因分析、予知保全ソリューション、生産性向上ソリューション、現場見える化ソリューション、エッジコンピューティング、自動化技術、センサーネットワーク技術、設計・製造ソリューション、AI・IoT/M2M、データマネジメント/ビッグデータ、コネクテッド・プロダクト、ウェアラブル関連製品、デジタルセキュリティ

    来場対象

    自動車・輸送、電機・電子、エネルギー、情報通信、プラント・設備、化学・薬品、ヘルスケア・食品、紙・パルプ、素材・繊維など、西日本を代表する様々な業種の開発・設計、品質管理、保守・保全部門に従事するプロフェッショナル

  • 問い合わせ

    CONTACT US

  • 計測展2020 OSAKA 運営事務局(日経BP)

    〒105-8308 東京都港区虎ノ門4-3-12

    TEL:03-6811-8084/FAX:050-3153-7273

    E-mail:mcs2020@nikkeibp.co.jp